ウイルス感染症予防クリニックの、医道五十三次クリニック公式ウェブサイト
TEL : 03-6433-3165
10:00~13:30 14:30~18:00
年中無休 予約制 臨時休診あり

SARS-CoV-2論文 アップデート 2020.09.09 報

【治療薬】

1.     Liang B, et al.

Clinical remission of a critically ill COVID-19 patient treated by human
umbilical cord mesenchymal stem cells: A case report.

Medicine (Baltimore). 2020;99(31):e21429. doi:10.1097/MD.0000000000021429

*  重篤患者(65才女性)に対する間葉系幹細胞移植の症例報告

*  標準治療12日 → 炎症症状に効果なし → 臍帯由来間葉系幹細胞移植 (各5 × 107 cells, 3日おきに3回) 

*  炎症症状緩和、炎症検査数値・胸部CT像改善 4日後に咽頭スワブがPCR陰性

*  ICUから一般病室に移動

2.     Bousquet J, et al.

Cabbage and fermented vegetables: from death rate heterogeneity in
countries to candidates for mitigation strategies of severe COVID-19.

Allergy. 2020;10.1111/all.14549. doi:10.1111/all.14549

*  SARS-CoV-2の感染によりACE2がスパイクタンパク質とともに細胞内に取り込まれる

→ ACE2の本来の機能 (アンジオテンシンII→アンジオテンシン-(1-7)) が低下

→ アンジオテンシンIIが増加

→ アンジオテンシンII受容体1型(AT1R)が活性化

→ 酸化ストレス・炎症活性化 → 急性肺傷害

*  NRF2 (Nuclear factor erythroid 2-related factor 2)

*  活性酸素種を減らすことにより酸化ストレスから細胞を保護する転写因子

*  IL-6やIL-1βの遺伝子の発現を阻害することにより炎症を抑制する

*  AT1Rシグナルを抑制する

*  キャベツ: スルフォラファンの前駆体を多く含む ← 天然化合物では最も強力なNRF2アクチベーター

発酵野菜 多くのlactobacillus属を含む ← NRF2活性化能を持つ 代表例としてL. plantarum

間接的根拠として、アジアやヨーロッパ中部の発酵野菜文化を挙げている

3.     Shu L, Niu C, Li R, et al. Treatment of severe COVID-19 with human
umbilical cord mesenchymal stem cells. Stem Cell Res Ther. 2020;11(1):361.
doi:10.1186/s13287-020-01875-5

*  標準治療+ヒト臍帯由来間葉系幹細胞(2 × 106 cells/kg)群: 12人 vs. 標準治療のみ群: 29人

*  28日間の死亡率: 標準治療+幹細胞 0% vs. 標準治療のみ10.34%

*  症状改善までの期間短縮

*  移植後7日で衰弱・疲労・息切れ・低酸素飽和度が有意に改善

*  移植後3日でCRPとIL-6レベルが低下

*  リンパ球数正常化・CT画像上の肺炎の消失までの期間が有意に短い

4.     De Luca G, Cavalli G, Campochiaro C, et al. GM-CSF blockade with
mavrilimumab in severe COVID-19 pneumonia and systemic hyperinflammation: a
single-centre, prospective cohort study. Lancet Rheumatol.
2020;2(8):e465-e473. doi:10.1016/S2665-9913(20)30170-3

*  マブリリムマブ(mavrilimumab)

ヒトGM-CSF(顆粒球マクロファージコロニー刺激因子)受容体に対するモノクローナル抗体

P2試験で関節リウマチに対する有効性と安全性が確認されている

*  マブリリムマブ投与群: 患者13人 vs. 標準治療群: 患者26人

*  投与後28日までの死亡率: マブリリムマブ投与群 0% vs. 標準治療群 27%

*  投与後28日までの症状改善率: マブリリムマブ投与群 100% vs. 標準治療群65%

*  症状改善までの日数: マブリリムマブ投与群8日 vs. 標準治療群19日

*  投与後28日までの要人工呼吸器率: マブリリムマブ投与群8% vs. 標準治療群35%

5.     Xin S, et al.

Clinical retrospective study on the efficacy of Qingfei Paidu decoction
combined with Western medicine for COVID-19 treatment.

Biomed Pharmacother. 2020;129:110500. doi:10.1016/j.biopha.2020.110500

*  軽症~中等症患者63人

*  清肺排毒湯+西洋医学(抗ウイルス薬, インターフェロン・ロピナビル・アルビドールから選択) 群 

西洋医学のみ群

*  入院期間・死亡率には有意差なし

*  白血球数、リンパ球数、GOTレベルは両群で劇的に改善

*  CRP、クレアチンキナーゼ、LDH、尿素窒素は清肺排毒湯+西洋医学群のみで改善

*  治療前後の比較では、CRP、リンパ球数、LDHが正常化した患者の割合が清肺排毒湯+西洋医学群のみで増加

*  清肺排毒湯を併用することで有意な抗炎症効果

※ 臨床試験ではなく、過去の患者データの比較

※ サイトカイン・ケモカインについては調べていない

【ワクチン】

6.     Mulligan MJ, et al.

Phase 1/2 study of COVID-19 RNA vaccine BNT162b1 in adults.

Nature. 2020;10.1038/s41586-020-2639-4. doi:10.1038/s41586-020-2639-4

*  米Pfizerと独BioNTechのmRNAワクチンBNT162b1のP1/2試験の結果

*  健常成人45人(18~55才)対象、21日間隔で10 µg + 30 µgまたは10 µg + 100 µg投与

*  スパイクタンパク質受容体結合領域に対するIgG量・中和抗体の力価は投与量依存的に増加、2度目の投与後に増加

*  中和抗体力価はCOVID-19回復患者の1.9~4.6倍

7.     Walsh EE, Frenck R, Falsey AR, et al. RNA-Based COVID-19 Vaccine
BNT162b2 Selected for a Pivotal Efficacy Study. Preprint. medRxiv.
2020;2020.08.17.20176651. doi:10.1101/2020.08.17.20176651

*  米Pfizerと独BioNTechのmRNAワクチンBNT162b2(全長スパイクタンパク質を発現)

*  18-55才と65-85才の2グループのP1試験の結果

*  両グループでBNT162b1と同等の力価の中和抗体を誘導 COVID-19回復患者血清と同等がそれ以上の力価

*  P2/3試験に進める対象としてBNT162b2を選択 → 120施設で最大3万人規模のP2/3試験

早ければ2020年10月に承認申請、2020年末までに最大1億回分、2021年末までに13億回分の供給計画

【その他】

8.     Takagi H, et al.

Higher Temperature, Pressure, and Ultraviolet Are Associated With Less
COVID-19 Prevalence: Meta-Regression of Japanese Prefectural Data.

Asia Pac J Public Health. 2020;1010539520947875.
doi:10.1177/1010539520947875. PDFなし

*  日本のデータをメタ回帰分析 → 気温・気圧・紫外線量はCOVID-19の有病率と負の相関

※ 米国の大都市のデータを使ったメタ回帰分析論文では、気温・紫外線量と負の相関

9.     Uhm JS, et al.

Patterns of Viral Clearance in the Natural Course of Asymptomatic
Coronavirus Disease 2019 (COVID-19): Comparison with Symptomatic Nonsevere
COVID-19.

Int J Infect Dis. 2020;S1201-9712(20)30620-2.
doi:10.1016/j.ijid.2020.07.070

*  無症状患者と非重症患者での自然転帰でのウイルスの消失(PCR2回連続陰性)を比較

*  PCR陰転までの日数は、無症状患者の方が有意に短い

14.5日 (11.0~21.0日) vs. 18.0日 (15.0~22.0日); p = 0.001

10.   Brenner H, Holleczek B, Schöttker B. Vitamin D Insufficiency and
Deficiency and Mortality from Respiratory Diseases in a Cohort of Older
Adults: Potential for Limiting the Death Toll during and beyond the COVID-19
Pandemic?. Nutrients. 2020;12(8):E2488. Published 2020 Aug 18.
doi:10.3390/nu12082488

*  ビタミンD不足: 25-ヒドロキシビタミンD (25(OH)D) の血中レベル30-50 nmol/L

*  ビタミンD欠乏: 25-ヒドロキシビタミンD (25(OH)D) の血中レベル <30 nmol/L

*  50~75才の成人9548人の15年間のフォローアップ期間中の呼吸器疾患による死亡率との関連

*  ビタミンD不足44%、ビタミンD欠乏15%

*  ビタミンD不足・欠乏は呼吸器疾患による死亡率が高い

*  ビタミンD不足のハザード比: 2.1(全体)4.3(女性)1.9(男性)

*  ビタミンD欠乏のハザード比: 3.0(全体)8.5(女性)2.3(男性)

*  全体として、呼吸器疾患による死亡の41%はビタミンD不足・欠乏に帰することができる(統計学的には) 

高齢者、特に女性の高齢者にはビタミンD3の補給が有効かもしれない