ウイルス感染症予防クリニックの、医道五十三次クリニック公式ウェブサイト
TEL : 03-6433-3165
10:00~13:30 14:30~18:00
年中無休 予約制 臨時休診あり

SARS-CoV-2論文 アップデート 2020.07.16 報

【検査】
1) Wang W, et al.
Distribution of HLA allele frequencies in 82 Chinese individuals with coronavirus disease-2019 (COVID-19).
HLA. 2020;96(2):194-196. doi:10.1111/tan.13941
 中国人患者82人のHLA領域をNGSでシーケンシング
 患者では健常人に比べて
HLA-C07:29, C08:01G, B15:27, B40:06, DRB104:06, DPB136:01の頻度が高い
DRB112:02, DPB104:01の頻度が低い
 HLA-C07:29とB15:27は補正後も有意差あり
※ 日本人でHLAとCOVID-19との相関を調べた論文はありませんでした

【ワクチン】
2) Jackson LA, et al.
An mRNA Vaccine against SARS-CoV-2 – Preliminary Report.
N Engl J Med. 2020;10.1056/NEJMoa2022483. doi:10.1056/NEJMoa2022483
 モデルナのmRNAワクチン候補「mRNA-1273」のP1臨床試験の結果
 健常人45人(18~55才) 25 μg, 100 μg, 250 μg 各15人 28日間隔で2回接種
 1回目の接種後: 接種量が多い方が抗体価が高い
 2回目の接種後: 抗体価が増加 回復した患者血清中の抗体価の上位半分とほぼ同等の抗体価
 被検者全員に中和抗体産生を誘導 
 ただし一部は疲労感、悪寒、頭痛、筋肉痛、注射部位の痛みなど軽度から中程度の有害事象
 今月27日から成人3万人を対象としたP3臨床試験が米国で始まる見通し

3) Klinger D, et al.
Significantly Improved COVID-19 Outcomes in Countries with Higher BCG Vaccination Coverage: A Multivariable Analysis.
Vaccines (Basel). 2020;8(3):E378. Published 2020 Jul 11. doi:10.3390/vaccines8030378
 BCG実施国55か国の解析
 BCG接種の年数と人口100万人あたりの新型コロナ死亡数との間に強い負の相関
 BCG接種の年数がCOVID-19の臨床転帰に寄与
 その強い相関は、若年層(0-24才)のBCG接種率と直近15年のBCG接種率に起因する
 BCG接種率、特にごく最近BCG接種した年齢層の接種率が、COVID-19の流行の広がりと重症度の抑制に寄与する

【治療薬】
4) Doi K, Ikeda M, Hayase N, Moriya K, Morimura N; COVID-UTH Study Group.
Nafamostat mesylate treatment in combination with favipiravir for patients critically ill with Covid-19: a case series.
Crit Care. 2020;24(1):392. Published 2020 Jul 3. doi:10.1186/s13054-020-03078-z
 ナファモスタットメシル酸塩(フサン)とファビピラビル(アビガン)の併用療法
 ICUの重症患者11 例(36~75歳)→ 10例において臨床症状の軽快、うち6人は退院、75歳の男性は死亡
 回復した10例のうち、人工呼吸器使用が7例、うち3例がECMO使用 → 中央値16日で人工呼吸器が不要
 ICU患者の死亡率は30-50% → フサン+アビガンでは死亡率9%

5) Huo J, et al.
Neutralizing nanobodies bind SARS-CoV-2 spike RBD and block interaction with ACE2.
Nat Struct Mol Biol. 2020;10.1038/s41594-020-0469-6. doi:10.1038/s41594-020-0469-6
 リャマで作成した2種類のナノボディー (VHH抗体) がスパイクタンパク質のACE2結合領域に結合してACE2との結合をブロックするというデータ + ブロック作用の立体構造的な解析

【その他】
6) Paterson RW, et al.
The emerging spectrum of COVID-19 neurology: clinical, radiological and laboratory findings.
Brain. 2020;awaa240. doi:10.1093/brain/awaa240
 患者43人の神経症状を詳細に調査
 → 一時的な脳機能障害10例、脳炎12例(ほとんどが急性散在性脳脊髄炎)、脳卒中8例、神経系の損傷8例
 呼吸器症状の重症度とは必ずしも相関していない
 脳脊髄液から新型コロナウイルスは検出されない
 神経系の合併症は当初考えられていたよりも一般的で、軽症の患者にも神経系の合併症の恐れがある

7) Lechien JR, et al.
Olfactory and gustatory dysfunctions as a clinical presentation of mild-to-moderate forms of the coronavirus disease (COVID-19): a multicenter European study.
Eur Arch Otorhinolaryngol. 2020;277(8):2251-2261. doi:10.1007/s00405-020-05965-1
 軽症~中等症患者417人 嗅覚障害と味覚障害の他施設大規模調査
 嗅覚障害: 患者の85.6% 味覚障害: 患者の88.0%
 無嗅覚症と無味覚症は重要な症状としてもっと認識されてよい 例えば患者のスクリーニングなど

8) Jain SK, et al.
Can Vitamin D and L-Cysteine Co-Supplementation Reduce 25(OH)-Vitamin D Deficiency and the Mortality Associated with COVID-19 in African Americans?.
J Am Coll Nutr. 2020;1-6. doi:10.1080/07315724.2020.1789518 PDFなし
 ビタミンDとL-cysteine (グルタチオン前駆体) をサプリメントとして同時摂取することのすすめ