ウイルス感染症予防クリニックの、医道五十三次クリニック公式ウェブサイト
TEL : 03-6433-3165
10:00~13:30 14:30~18:00
年中無休 予約制 臨時休診あり

新型コロナウイルスPCR検査

新型コロナウイルスPCR検査について

医道五十三次クリニックでは新型コロナウイルスPCR検査を行っています。唾液を用いた精度の高い検査です。
東京では初めて、クリニックで新型コロナウイルスの唾液PCR検査を院内ラボで迅速に実施できるようになりました。

新型コロナ感染症の第二波を阻止、感染拡大を防ぐために唾液で気楽に受診できるシステムにしています。

すでに一部の国では海外渡航にPCR検査の陰性証明書が必要になっています。またテレワークから社内勤務への切り替え、さらにサービス業の方にはウイルスPCR検査と抗体検査を併用しお客様に安心感を提供する強みにすることが可能です。自費診療としてのPCR検査を行っておりますが、費用はウイルスPCR検査、抗体ダブルチェック、感染予防カウンセリングを込みで2万円と非常に安価な費用に設定しています。今後の感染再拡大に備えて検査機関の逼迫を避けるため必要性のある方のみに限らせていただいています。
それぞれ、よくあるお問い合わせをまとめていますので、ご覧の上、ご検討ください。

費用15,000円 電話受付9時から21時 診療は土日祭日も稼働 オンライン診療あり

国内の自費検査では安価な15,000円で検査を実施しています。
精度の高いPCRと精度の高い抗体検査(5,000円)を同時に受診されることをお勧めいたします。

※抗体検査
抗体検査での疫学調査を兼ねていますので、是非積極的にご自身の抗体獲得の有無を確認されてください。

コロナウイルス抗体検査
IgG、IgMという二つの抗体ができているか否かを確認する検査。ウイルスPCR検査ではないので、万一陽性の場合も感染者扱いにはなり ません。(隔離や活動履歴の聴取にはならない)かつ個人個人の今後の対策の力づよい指標となります。

『免疫ビザ』を発給しています。
免疫ビザは海外渡航時に必要な陰性証明書と共に提供しています。サービス業、接客業、治療院やエステ業務の方には免疫ビザを常に携帯していただくことを推奨しています。免疫ビザはサービスを受ける相手に安心感を届ける切り札になります。
高輪クリニックでは同時に、個々人の免疫力を高める方法を徹底的にオーダーメード指導しています。
免疫ビザ、陰性証明診断書は7月中まで無料で発行します。
免疫ビザはウイルスPCR陰性、または抗体保有、または抗体非保有ながら定期的に検査を受けている方に発給いたします。

【費用】
新型コロナPCR検査 15,000円
(無症状の方)
新型コロナ抗体陽性者にはエライザ法検査でダブルチェック無料

【費用】
新型コロナ抗体検査 5.000円

【費用】
新型コロナウイルス感染予防治療薬【清肺排毒湯】 12.000円/月

費用はすべて税別です。

医道五十三次クリニックに直接の来院、また30名以上集まる場合には往診での検査、処方およびカウンセリングが可能です。
またオンライン診療も開始しています。

医療相談窓口 電話03-6740-9648  担当 岡村、武田
医療相談窓口は土日祭日も受けつけています。
医道五十三次クリニックはオンライン診療対応しています。

新型コロナウイルスPCR検査についてのFAQ

Q

PCRの唾液と鼻咽頭粘膜の採取による精度の違いは?

A

唾液のほうが精度が高く、安定します。

Q

PCR検査の精度は?

A

感度は80%程度、特異度は100%です。

Q

免疫ビザはどこでできますか?

A

高輪クリニックグループおよびサテライト健康センター発行致します。

Q

PCR検査はどのくらいの頻度で受けたらよいでしょうか?

A

一か月ごとに抗体検査とともに受けるのが理想です。

Q

費用は?

A

抗体検査、PCR、免疫力アップカウンセリングをすべてこなして20,000円(税抜)です

Q

もし陽性とでたらどうなるか?

A

保健所または東海大学付属病院を紹介しますが、こちらの医療連携室から連絡をいれて手厚く対応いたします。

Q

唾液の郵送および遠隔診断は可能ですか?

A

可能です。

受診(初診)、感染防御力検査、唾液を採取して唾液PCR検査に回します。その後、微量採血して精度の高い抗体ダブルチェックを実施致します。

抗体検査は検査後10分にて結果、PCRは3日~7日にて検査結果が出ます。

結果は直接または電話、もしくはLINEにて通知。該当者に免疫ビザを発給します。また希望があれば陰性証明としての診断書を発行致します。