ウイルス感染症予防クリニックの、医道五十三次クリニック公式ウェブサイト
TEL : 03-6433-3165
10:00~13:30 14:30~18:00
年中無休 予約制 臨時休診あり

新型コロナウイルス抗体検査

新型コロナウイルス抗体検査について

PCR検査は新型コロナウイルスそのものを計測する検査ですが、新型コロナウイルス抗体検査は抗体を計測するもので全く主旨も目的も異なります。PCR検査はいわば身体に問題をひきおこす悪の存在を計測するものであり、抗体検査は自分を守ってくれる守護神的存在を計測をするものです。感染がおこると2、3日でウイルスが増殖し陽性になりますが、それを消すために即座にIgM抗体ができあがります。肺炎等重篤化しなければおよそ三週間でウイルスは消失し同時にIgM抗体も消失します。さらに遅れてIgG抗体ができはじめます。そしてこの抗体はウイルス感染から回復しても残り続けるものです。血液一滴15分で抗体の有無を迅速判定します。

当院の抗体検査の3つの強味

①高精度の抗体検査キットを採用(INNOVITA社)

感度80%、特異度100%の高精度な抗体定性検査を実施しています。

②定量分析を採用(高感度エライザ法)

抗体の有無のみならず、当院では抗体の量を分析しています。

③カウンセリングの充実

1000症例以上の精度が担保された抗体検査実績と付属ラボでのさらに高い精度の定量分析を実施しています。そしてこれらの検査結果に基づく行動指針や生活習慣指導など親身なカウンセリングをいたします。

 

直接来院または
オンラインにて問診
血液一滴採取または
自己採取
クリニックに
血液を送付
結果を報告
結果に応じた
オーダーメード治療
抗体を持っていない場合は
一ヶ月後の再検査を指示

抗体検査の結果・評価

  1. IgM、IgG共に陰性→感染していない可能性が高い
  2. IgM陽性、IgG陰性→感染した直後、感染能力があるかもしれない
  3. IgM、IgG共に陽性→感染後回復期、感染能力はあるかもしれないが低い
  4. IgM陰性、IgG陽性→ワクチン接種後と同様にもっとも安全な状態
    再感染しにくい、または感染しても重症化しにくい

※検査は確定診断ではないので、陽性に出ても症状なければ自宅静養。
※擬陰性率が10%〜20%あり。擬陽性率は極めて低く陰性とでればほぼ安心。